HOME > Linear Motor > Voice coil linear actuator

ボイスコイルリニアアクチュエータ

ボイスコイルアクチュエータは、短ストローク(50mm以下)でクローズドループサーボ用途に適しています。コンパクトサイズで狭いスペースにフィットします。電気的・機械的に非常に低い時定数を有します。駆動部重量が軽いため低荷重で高加速度に適しています。
 
ボイスコイルアクチュエータはコミュテーションを必要としません。シンプルで信頼性の高いシステムを構築出来ます。
 
リニアガイド、エンコーダ、リニアサーボドライバ、モーションコントローラとの組み合せシステムにより、位置決め・速度・加速度の複雑な制御が可能となります。また、高精度の力制御にもお使い頂けます。


VC.JPG

ボイスコイルは、ロレンツ力方程式の原理で動きます。
推力 = B x I
B = 磁束密度 (Tesla)
I = 電流 (Amps)

特徴:
* コンパクト、重量比に対してハイパワー
* 高加速度
* コギング無し、コミュテーション無し
* 高応答タイプのカスタム設計
* ネオジム磁石使用による高磁束密度

用途:
* SMT、ピックアンドプレイス装置のZ軸
* 医療診断機器
* レーザービーム操舵
* 鏡の傾斜と照準アクチュエータ
* ミニチュア位置決め制御

モデル別仕様
品番 ストローク 推力 モータ定数 摺動部重量 外径  ケース長
100%稼働時 10%稼働時
mm N N N/√watt  g mm mm
コイル側摺動タイプ
           
NCC01-04-001-1X 3.2 0.27 0.80 0.36 1.2 11.1 9.0
NCC05-11-011-1X 12.7 4.9 14.7 2.98 27.0 30.5 27.9
 NCC05-18-060-2X 12.7 26.7 80.1 7.92 99.0 45.7 49.5
 NCC06-60-500-1X 16.3 227 681 24.5 760 139.6 63.5
 NCC08-34-350-2X 20.3 156 467 25.8 460 85.1 86.4
NCC10-15-023-1X 25.4 10.2 30.7 3.78 56 38.1 48.5
NCC12-60-1000-2X 30.5 445 1362 52.5 2400 142.2 165.1
磁石側摺動タイプ              
NCM02-05-005-4JB 3.8 2.2 6.7 1.69 12 13.2 42.4
NCM02-10-008-2JBA 5.1 3.7 11.2 1.87 24 25.4 34.54
NCM02-17-035-2F 5.6 15.6 46.7 4.81 115 44.3 37.2
NCM05-28-180-2LB 12.7 80 240 12.1 706 75.7 120.7
NCM08-17-050-2LB 19.1 22.3 66.8 4.93 166 43.2 108.7
NCM10-14-028-2BX 25.4 12.5 37.4 4.6 56 35.6 86.9
NCM15-15-032-2LB 38.1 14.2 42.7 2.94 215 54 139.7
               

ボイスコイルリニアアクチュエータは、標準仕様に加えてカスタムサイズも生産可能です。磁石駆動タイプ(NCMタイプ)とコイル駆動タイプ(NCCタイプ)から選択頂けます。

* コイル駆動タイプ(NCCタイプ、ボイスコイルとも呼ばれる)は、通常ベアリングやシャフトが無い設計ですが、要求があれば加えることも出来ます。直径を大きくすることでより大きい推力が得られます。コイルの傾きやラジアル方向の動きが要求される場合には、より大きいラジアルクリアランスでの設計が可能です。

* 磁石駆動タイプ(NCMタイプ)は、ベアリングとシャフト付きの設計です。径が小さく、長さが長いタイプになります。長さか外径を大きくして極数を増やすことでより大きい推力が得られます。巻線が固定側なので、リード線が動かないという利点があります。ストロークの片側、または両側でパワー磁気ラッチの無いタイプもオプションで選択頂けます。

ストロークのより長いものも生産可能ですが、モータ定数(Km)効率が落ちます。モータ定数がストローク長に反比例するためです。
高効率で長いストロークが要求される場合には、複数相の巻線となり、その場合はコミュテーションが必要となります。

非コミュテーション式アクチュエータの代表的仕様は、0〜75mmの短ストローク、重力の20倍の加速度、最大450Nまでの連続推力、最大1350Nまでのピーク推力となります。リニアエンコーダまたはLVDTの追加により、位置決め分解能は0.1μまで到達可能です。

使用条件: アクチュエータのインダクタンスが非常に小さく、電源をボイスコイルに送るためにDCサーボドライバが必要です。クローズドループ位置決めシステムには、モーションコントローラが必要です。

設置条件: 水分や汚れが無く、50℃以下の雰囲気に設置下さい。ケースに取り付け穴が用意されています。

メンテナンス: 不要です。